パパの子育て

父親になると子供嫌いは治せる?結論:治りません…でも父親ってとっってもいいですよ!

 
パパさん
実は子供があんまり得意じゃないんです…。 子供が産まれたんですが変われるんでしょうか?

今回はそんな悩みを解決します!

実は僕も元々子供が苦手なんですよね…。
アンディ

 

今では2児の父の僕ですが、基本的に子供には苦手意識があります。

独身の時は小さい子にどう接していいかも正直わからなかったです。

この記事を最後まで読むと…

  • 子供が苦手でも父親になると子供に対する意識が変わります

 

子供嫌いではなく【苦手】なだけ

けして子供が嫌いなわけではないんですよね。

公園で遊んでる親子がキャッキャしてる姿を見るとほのぼのとした気持ちになるし、怒られてる子を見るとそんなに怒らなくてもいいのにって可愛そうな気持ちになりますし。

 

でもですね、自分が相手をするとなるとちょっとムズイ。

見てる分にはいいんだけど、何を話していいのかどう応えていいのか、どう遊んであげたらいいのか分からなくなってしまう。

 

子供は素直で正直で単純です。

なんの遠慮も間合いもなく急に入ってくる。

 

予測不可能な

超遠距離攻撃

みたいなの仕掛けてきます。

 

ちょっと戸惑いますよね。

その予測できない不意打ちも苦手意識につながっているのかもしれません。

大人みたいに相手の状況を察することなんて皆無ですから(笑)

 

僕は独身の時、あんまり人に興味が無かったです。だから自分から積極的に絡んでいこうってしなかったんですよね。

今でいう陰キャやコミュ障に近いものがあったと思います。

それも子供が苦手な要因だったかなと。

 

子供はこっちが興味がないのに向こうからやたらと絡んできますからねー…。

ウザいとかはないけど『いや…あのー…』みたいに戸惑うわけです。

 

子供が苦手な人って案外多いですが、そういう子供独特の遠慮の無さや聞き分けの無さに『ちょっと無理』感を感じるんじゃないでしょうか。

決して嫌いなわけじゃないんですよね。

 

父親になって変わった事

そんな子供苦手な僕でも父親になりました。

出産に立ち会い、命が産まれる瞬間に予想外にも感動しました。

その子たちも今はもう3歳と5歳です。

これまで色々経験して、苦手だった子供に対しての意識がちょっと変わりました。

 

うるさくても気にならなくなった

例えば電車の中で泣いてる赤ちゃんっていますよね。

そういうのは何も思わなくなりました。

もとからそんなに気にしないタイプでしたが、『泣いてるのどうにかしてくれたらなー』ぐらいには思ってたので少しは気になってたんでしょうね。

 

でも子供が産まれてからは、車内で泣いてる子がいても『あらら、なんか機嫌悪いのー?』って感じですかね(笑)全然気にならなくなりました。

 

ご機嫌をとってるママにもそんなに焦ってあやさなくても大丈夫だからって思います。

泣くのは仕方ないことだしね。というおおらかな目で見れるようになりました。

 

泣いている赤ちゃんをあやしてる母親に対して白い目を向ける人もいると思いますが、そんなの全く気にしなくていいと思います。

 

僕も赤ちゃん抱っこして電車に乗ってる時にグズられた事がありますが、立ってあやしながらこっちを見てる人達みんなの顔を見てました(笑)

睨みつけてるとかではないですよ!ただ単に『なにか?』的な顔で。

するとみんな目を背けるんですよね。

みんながみんな白い目で見てるわけじゃないでしょうけど、意外と効果的な方法です。

 

他の子でも相手ができるようになった

自分の子供はもちろん日々関わるので相手をするのは当たり前なんですが、園に送迎したり公園で遊んでる時に他の子供が寄ってきて話しかけてくることがあります。

 

先にも書きましたが、以前は話しかけてこないでーって思ってたけど今はそんなこともあまり気にしないです。

かといってガッツリお話をするわけではないけど、一言二言やりとりをすると子供もどっか行っちゃいますしね。

 

僕みたいな人見知りにとってはかなりの成長です(笑)

 

子供が何をしたいのか分かるようになった

今まではいとこや友達の子供が何かをしてきても、何をして欲しいのか分からないことがありました。

でも今ではよくわかります。

 

僕が子供の話を聞き取ろうとする気持ちがあるからでしょうか。

しっかり聞く態度を見せてあげると、子供もちゃんと話してくれます。

 

子供だからって適当にするんじゃなくて、ちゃんとした聞く姿勢は大切だなと思います。

それに、2歳ぐらいでも結構ハッとする事言ったりするんですよね!

 

母親(ママ)の大変さが分かるようになった

これは電車の赤ちゃんの話しとも重複しますが、育児に参加してみてその大変さがよく分かりました。

 

毎日毎日とにかくいろんなことが起こります。

本当、子供を育てるってものすごいパワーが必要。

仕事してる方がよっぽど楽ですね。

 

この動画を見ると、母親に感謝しなきゃなって思えると思います。

 

涙もろくなった

コレ、1番変わったことかもしれません。

以前は『はじめてのおつかい』見ても

なんのこっちゃ

でした。

 

なんでこんな番組が何年も打ち切られず放送されてるのかと。

知らん人んちの子供のおつかい見て何がおもろいねん!と。

 

でも今じゃおつかいから帰ってきた子供を褒めて泣いてる親を見て

ウンウン、そうなるよねー!

と涙目ですよ。

他にも子供ネタの泣かせにかかる番組はヤバイですね(笑)

 

子供の存在があるだけで人は変わっちゃう。

母は強し』と言われるのも頷けます。

世の中には子供そっちのけで自分のことばかりで、最悪子供を殺してしまうクソ親が連日ニュースになってますが、この記事を読んで下さる方にそんな人がいないことを願っています。

 

結論:子供苦手は変わらない。でも…

僕は今でも他人の子供にはまだ抵抗があります。それは変わりません。

でも独身の時のような強い苦手意識はありません。

かなり無くなりました。

 

父親になると守るべき存在ができます。

今までは自分の自由に生きていましたが、その価値観は確実に変わります

子供ってそのくらい大きな存在になります。

守るべきものがある人生ってすごく生きがいがありますよ。

でもその重責がプレッシャーにならない程度に楽にいきましょう!

今は大変でも将来子供が大きくなった時に今よりももっと大きな幸せが待っていることを願って。

-パパの子育て

© 2020 IKUJI homme