未分類

日本のカジノで働く!カジノディーラーの気になるところを徹底調査

2018年の7月に「カジノ法案」が成立しましたね。

そこで

  • カジノディーラーってどんな職業?
  • カジノディーラーの年収や将来性ってどーなん?

などを調べてみました。やってみたい!と思った方は無料体験やディーラーになる方法もご紹介してます。

カジノ法案は正式には「統合型リゾート(IR)整備整備法」といいます。これによって日本でもカジノが公共のギャンブルとして認められることになります。

世界有数のIRとしてはマカオやラスベガス、シンガポールが有名ですよね。各国の一大産業になっており、売り上げは

数千億〜数兆円!

にもなります。

年間売上
マカオ 約4兆1800億円
ラスベガス 約1兆2200億円
シンガポール 約6700億円

日本ではまだ馴染みのないカジノですが、映画では「電飾ピカピカ派手派手でお金持ちが沢山いて凄腕の泥棒たちが目を光らせてる」という感じの場所。

オーシャンズ〇〇の見過ぎです。

 

まさにこんな感じ。

カジノで遊べるゲームには沢山の種類がありスロットなどの機械任せのものもありますが、テーブルゲームと呼ばれるカジノディーラー(人)との勝負を楽しむゲームもかなり多くあります。

カジノディーラーが行う主なゲームの種類は

  • ポーカー
  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット
  • ダイス

などなど。

その他にも沢山の種類のゲームがあり、その国独自のゲームがあったりします。

日本で海外ほどの巨大市場になるかはわかりませんが、かなりの売上を想定してるはずです。

ということは‥‥

大きなお金が動くはず!

カジノに関わる仕事も必然と需要が生まれますよね。

カジノディーラーの仕事とは?

 

カジノディーラーは

「カジノの顔」

と言われるほどエンターテイメント性の高い花形的職業です。

カジノに遊びに来たゲスト(プレーヤー)を楽しませるための進行役(ホスト)となります。

カジノに遊びに来るゲストは様々です。経験豊富な人からほとんどゲームを知らない人まで。

まだカジノが広まっていない日本では特に初心者が多く来場することでしょう。

このようなゲストのレベルに合わせて楽しませ、満足してもらうことがディーラーの重要な役割になります。

カジノディーラーの仕事は

  • ゲストへゲームのルール説明
  • スムーズなゲーム進行
  • スリルあるゲーム演出
  • 気の利いた楽しませる会話
  • 配当額を正確に計算してチップを配る
  • ドリンクの注文などゲストの要望に応える

などなど。

ゲストが買っても負けても楽しんで満足してもらう。それは全てディーラーの腕にかかっています。

華やかなカジノの世界で

最も中心的な存在

であり、

最高のエンターテイナー

がカジノディーラーなのです。

カジノディーラーの就職先は?

 

カジノディーラーというだけあって、就職する場所は当然カジノがある場所。

2019年9月時点で日本ではカジノができる場所がないため、主にシンガポールやラスベガスなどの海外のカジノになります。

あとは豪華客船内にあるカジノとかですね。

海外ではカジノディーラーはとても需要の高い職業なので言葉の壁が無ければ日本人であっても働くことはできます(国によっては自国の人のみと決まっているところもあります)。

実際海外で活躍している日本人ディーラーはたくさんいるようですね。

カジノは基本的に

24時間365日

四六時中やってます。

ゲームを行うテーブルには常にディーラーがいなくてはならないため、2交代もしくは3交代制のシフト勤務になっています。

1日8時間勤務ですが、ゲストへの気遣いやゲームへの集中力も必要な仕事なので、

1時間ディーラーをして20分休憩

といった形でディーラーに負担のないような勤務形態になっています。

残業はほとんどなく時間きっちりに終わるのでかなりホワイトな職業といえますね。

2019年現在、日本での就職となると模擬的にカジノができるアミューズメントカジノになります。

他にもカジノを教える学校の講師として就職するという選択肢もあり。

今のところ全国に3箇所のカジノを作ることが決まっているので、

約6000〜1万人のカジノディーラーが必要

と言われています。そうなると日本での需要もかなり高くなるはず!

カジノディーラーの年収は?

 

カジノディーラーを仕事にする時に一番気になるのが給料ですよね。

コレ、最重要事項です。

でも、まだ日本にカジノが無いのでいくらもらえるかは正確にはわかりません。実際にカジノができてからわかることなので、予想されている金額になります。

まずは海外のカジノディーラーの収入はどのくらいなのかを調べてみると、給与システムが時給での計算となっていることが多いようです。

決められた時給+ゲストからのチップ

でその日の給料が決まります。

ラスベガスの場合は日本円にして時給900円程度。

チップは日によって違いますが、一流ホテルや規模の大きいカジノでは一人当たり30000円ぐらいにもなるようです。

他の国のカジノはどうかというと、カナダやシンガポールでは時給ではなく固定給になっているところが一般的なよう。

月25〜30万円+チップ

という形になりますね。

チップは個人で貰えるものではなく一旦カジノへ預けてから、その日のすべてのチップをディーラー全員で均等に配分する「チップシェアリング」という方法をとっているカジノがほとんどです。

人気のあるディーラーはカジノと個別に契約してチップを貰う人もいるようですね。

年収にすると平均して5〜600万円ぐらい。ボーナスは無いようですが、中には1000万以上もらうディーラーもいるみたい。

自分の腕次第でかなりの高収入を得ることもできる世界ですね。

じゃぁ日本ではどうなのかというと、おそらく同じぐらいになるのではという見解が多いようです。

ただ日本にはチップという習慣がないため、チップでの収入がかなりのウェイトを占めるカジノディーラーにとってどうなるかが注目されるところですね。

カナダやシンガポールのように固定給+チップという形を導入すれば人気の職業になりそうです。

カジノディーラーの将来性は?

 

まだ日本には正規のカジノディーラーがいないので、これから需要が高くなるのは目に見えてますよね。

3箇所にカジノができ約6000人のカジノディーラーが必要になるとのことですが、2019年時点で国内のカジノディーラーは6000人もいません。

今からディーラーを目指しスキルを磨いておくことで、国内のカジノで働く頃には人気のディーラーになっているかも!

狙い目です(ニヤリ)

さらに言えば、カジノディーラーを経験しておくことでさらに上の管理職になる事も可能になります。

そうなれば当然収入も増えますし、モチベーションも上がりますよね。

カジノディーラーの上級職は

カジノディーラー → フロアパーソン → ピットボス → シフトマネージャー → テーブルゲームマネージャー → カジノマネージャー

となります。カジノマネージャーはカジノにおける最高責任者になります。

日本では初めてカジノを作りますよね。

必然的に海外から指導スタッフを呼んでくることになるので、スタッフを束ねる役職には

英語ができることが必須

になるでしょう。

海外からの観光客も相手にする事になるので、カジノディーラーもある程度の英語力は必要になると思います。

ハードルが少し上がる分、給料も高くなるかもしれません♪

将来性という面で重要なのがカジノディーラーには

定年がない

ということ。

日本での雇用形態が決まっていないので海外の場合になりますが、何歳になってもディーラーとして働くことができます。

若いディーラーよりもスキルの高い高齢ディーラーの方がかえって需要がある世界なのかもしれないですね。

これから先、様々な職業がAIの発達により機械化されていく時代です。

そんな中でカジノディーラーはただカードを配ったりルーレットを回すだけではなく、ゲストをもてなして楽しませるという「人」にしかできない仕事ですよね。

そういった意味でも

将来性は十分ある

んじゃないでしょうか!

カジノディーラーのなり方は?

 

ここまで色々とご紹介してきましたが、実際にカジノディーラーになるにはどうしたらいいのか。

カジノディーラーは特に資格などは必要ありません。

ただ、なんの経験も知識もなくカジノに就職できるかといえば、そんな甘い世界ではないですね。

ディーラーとしての基本的なスキルを習得してることが絶対条件となります。

今はディーラー育成のスクールがあるのでそこへいくことが一番の近道のようです。

オススメのカジノ育成スクールは

日本カジノ学院

日本カジノスクール

です。

他にもありますが、今はこの二択になるとおもいます。

それぞれの特徴をまとめてみました。

日本カジノ学院

日本で唯一全国展開しているスクールで、渋谷、四谷、大阪、名古屋、福岡、札幌の6箇所にあります。

かなり人気が高く今後は池袋、新宿、千葉、沖縄にもできるようです。

やはりカジノディーラーを目指す人はどんどん増えているようですね。

日本カジノ学院の特徴は

  • 日本で唯一全国展開しているカジノスクール
  • 随時入学が可能で個別授業&回数制
  • 個人のスケジュールに合わせたカリキュラム
  • 様々なゲームに対応する各種コース
  • 講師は海外経験のある本物ディーラー
  • ネイティブなディーラー英語が学べる
  • 実績のある就職先が豊富

などなど。

2014年にできた新しい学校ですが、他の育成スクールにはない特徴が多く、即戦力のディーラーを目指すなら最適な学校です。

日本カジノ学院は

無料体験ができるオープンスクール

を行なっていますので、気になるなーと迷っている人は悩むよりも体験してみることをオススメします。

無理な斡旋はありませんし、無料なので

思ってたんとチガウ‥‥

と感じても面白い体験したなー程度ですみますしね!

 

日本カジノスクール

東京と大阪の2箇所にスクールがあり、日本初のカジノスクールです。今までに700名の卒業生がいます。

日本カジノスクールの特徴は

  • 東京と大阪の2箇所に開校
  • 日本初のカジノスクール
  • 入学日は年4回(4月、7月、10月、1月)
  • 通う期間が決まっておりきっちり学べる
  • 在校生や卒業生のサポートが充実
  • 日本、海外問わず就職先が豊富

日本カジノスクールも無料体験ができます。

近くにお住まいであれば行ってみるのもいいですね。

東京は2019 年に教室をリニューアル、大阪は2018年に開校しているのでどちらも綺麗な教室で授業を受けれます。

カジノディーラーまとめ

 

日本には今までなかったカジノディーラーという職業が新しくできます。

2025年頃に国内初のカジノができると言われていますが、それまでにはディーラーを確保して育成する必要がありますよね。

そうなると時期的にもカジノディーラーを目指すならまさに

今が最適

です。

スクールを卒業することで資格を取得するのも容易になると思いますし、海外で様々な経験を積んだりしてカジノディーラーとしてのパイオニアになるのも夢ではありません。

これから何か新しいことをしたいと思っている人や、華やかな場所でカッコよく働きたいという人もカジノディーラーを1つの選択肢に入れるのは凄くいいと思います。

-未分類

© 2020 IKUJI homme