このブログについて

アンディって誰よ?【底辺の過去から最高の未来を目指す人】

はじめまして、アンディです。
アンディ

記事の冒頭で読者の悩みに回答しているアンディというキャラ。

これはまぁ…筆者の僕なんですが、読者のかたからしたらアンディって誰よ?

知らんし!

だと思うので

  • そもそも誰?
  • 底辺の過去ってどんな過去?
  • (目指しているもの)は何?
  • 僕が情報発信する理由

ということをこの場をお借りしてお伝えしようと思います。

 

読んで役に立つかと聞かれればミジンコほどにも役に立ちませんが、せっかくこうして読んで頂いているのも何かの縁。

アンディという1人の男のストーリーをここでご紹介しようと思います。

この記事を最後まで読むと…

  • コイツよりはマシな人生だな。なら俺でも色々できるんじゃね?と思ってもらえます
  • アンディってこんな事考えてんのかと思ってもらえます

 

こんな方なら共感してもらいやすいかもしれません。

・東京に住む35歳の既婚男性
・B型
・2LDKの賃貸マンションに住んでいる
・仕事はIT企業の普通のサラリーマン。年収500万くらい
・2人の小さい子供がいる(3歳と5歳)
・趣味はお酒と旅行とネットサーフィン
・人一倍口べたで誤解されやすい。
・みんなでワイワイするのは好きだけど自分から誘うのはちょっと苦手
・頼られたり相談されると嬉しくて内心ニコニコしてしまう
・子供の将来や家族みんなの生活に漠然とした不安がある
・本業だけじゃなく別の収入も欲しいと思っている

当てはまる人もそうじゃない人も志や価値観が合えば嬉しく思います。

 

そもそもアンディって誰?

簡単に僕という人を説明します。

・名前は職場で呼ばれているあだ名です。
・仕事は医療関係の技士をしていて、テレワークとは無縁の病院勤務です。
・もう世間的にはいい年だけど、秘密基地みたいなのにワクワクします。
・A型でしょ?って言われるB型です。
・コミュ障だと自覚しております。
・妻を愛する夫です。
・2人の小さい怪獣と格闘するパパです。
・かなり涙もろいです。
・ブログの副収入を本業以上にしようとしてます。
・自分のことより妻や子供が最優先!守るべきは『家族』だと思ってます。

これが今の僕です。

 

特にこれといって秀でたものもなく、そこらへんにいる平凡な男です。

ただ周りと少しだけ(?)違うのは、なんの特技もない男が2人の子育てをしながらブログをゆるく始めて初報酬をもらったことぐらい。

 

そんな僕のストーリーをここでお話していこうと思います。

 

底辺の過去ってどんな過去

僕の過去を簡単にまとめてしまうと

  • 偏差値40台、不登校の学生時代
  • 3と続かない仕事
  • 朝寝て夜起きる引きこもりのゲーマー
  • 300万騙される素直すぎるバカ
  • ライン友だち11人(うち親族6人)の隠キャなコミュ障

こんな感じでしょうか。

改めて見ても底辺ですね…。

 

この過去をちょっとだけ掘り下げてみます。

3分ほどお付き合いくださると幸いです。

 

不登校から学ぶこと

僕はお金を稼ぎまくってる人の経歴にあるようないい大学は出ていません。

というか大学すらいってません。

最終学歴は専門学校。

それも28歳になってから夜間部に入学するっていうかなり変則的な学歴です。

 

高校の時には学校がつまらないからという理由で不登校になりました。

いじめられてたわけじゃないから、単純につまらなかったんだと思います。

 

その時僕はアルバイトをしていました。

学校に通わずケンタッキーに通う日々。

とても楽しかった記憶があります。

バイト先には若い人が沢山いました。
大学生、僕と同じ高校生、20代の社会人。

 

そして、そこで学校では学べなかったことをたくさん教わりました。

・学生ではできない遊び
・大人の恋
・仕事をしていく上で大切なこと
・人とのつながり
・仕事の学び方

などなど。

 

当時の僕には授業よりもはるかに得るものが大きかったです。

そりゃ学校行くわけない。

 

こんな経験をしたからこそ言えることがあります。

不登校になっても大丈夫。

例え子供が不登校になっても僕はあまり気にしません。

僕自身の経験もあるし、学校に行かなくても学ぶ場はこの時代沢山あります。

 

通学時間や余計な時間がない、いじめられる心配もないという面では行かない方がいいかもしれないと思うことすらあります。

結局のところ本人に学ぶ気があるがどうかが重要だと思うからです。

 

それに、たとえルートが使えなくても、文法を知らなくても、世の中で活躍してる人や幸せに生きている人は沢山いますしね。

 

転職をしまくって気づいたこと

僕は今でこそ国家資格を持ち同じ病院で長く働いていますが、それまでは同じ職場で3年と続きませんでした。

あることがきっかけで自分のやりたい事をさがす転職の旅に出てしまったんですね。

 

そのきっかけになった仕事が高校卒業後最初の仕事でした。

(あ、高校はなんとか卒業できたんです)

 

東証1部上場の大手企業。

給料は周りの1.5倍。

先輩もいい人達が多かったし、ほとんど不満のない職場でした。

 

入社して3年目のある日、所属部署のトップの人と仕事をしたんですね。

そんな機会は今まで何度もあったし特に何も思わなかったんですが、その日の会話でその上司が『僕はもう入社してから四半世紀だけど〜』っていう話をしてたんです。

 

その部署トップの役職の人は入社25年。

だけど入社3年目の僕と全く同じ業務をしている。

細かい業務の違いこそあれ、ほぼ同じ仕事を毎日こなしていたんです。

 

その時思いました。

20年後、僕はそれでいいのか。

このまま人生終わらせるのはつまらない。

 

それからはすぐに辞めることを決め、親と仕事を紹介してくれた叔父にその事を伝えて退職しちゃったんです。

ここからが転職しまくり人生の始まりです。

 

それから楽しいことをしたいと思って色んな仕事にチャレンジしてみたんです。

・ホスト兼バーテンダー
・トラックでの運送
・国土交通省下請けの無線通信業
・CADを使った設計事務所
・給料バカ高の地デジ対応員

いろいろやったし楽しかったけど、どれも一生続けるのはムリだと思いました。

今から思えばただの自分勝手な考えだったかなとも思うんですけどね。

 

そして、転職を重ねていくと最後に抱く感情がありました。

このままじゃダメだ。このままだと"20年後同じことしたくない"と思った自分を後悔する。と。

 

あのまま大手でヌクヌクしてたらよかったって気持ちにはなりたくない。

今は次の仕事を探すよりも資格を取ろう。と。

そして医療系の専門学校に行くことにしたんです。

 

まぁ結果論ですけど、その選択は正解だったと思います。

病院が潰れない限りは何があっても平常運転ができますしね。

 

僕が言いたいのは医療職はいいよ。ということではないです。

転職をしていくと自分の経験値になる。その中で自分の進むべき道が遅かれ早かれ見つけられます。

それが営業なのか医療なのか起業なのかはたまた他の職なのかは人それぞれ。

 

そして、今の時代本業だけの収入じゃ正直しんどいです。

金額的な面もあると思うけど、例えば某ウイルスの流行で沢山の職業が立ち行かなくなりましたよね。

 

同じようにこれから先も何が起こるかわからない。

そんな時に他の収入源があれば将来の不安もマシになります。

 

だから複数の収入源は絶対必要。

そういった面でいろんな経験があると多角的な見方ができるし、柔軟に対応できます。

転職を経験するのは悪いことばかりじゃないですよ。

 

 

と、少しだけ僕の過去の話をしました。

まだまだ書こうと思えばいくらでもあるんですけどね…。

 

こうした過去があるから今の僕がいます。

つまらない平均値以下の過去でも、そこから得られるものがあります。

次にご紹介するのは人生の転機になる事です。

職場でも特に目立たない男が何をきっかけに変わっていくのか。

 

きっと、自分は平凡な人間だって思っている人がほとんどだと思います。

でも今まで一生懸命生きてきた自分の人生です。決して平凡なんかじゃないはず。

色んなドラマがあったはずです。

そしてそこには自分でも気づいていない『』があります。

今のあなたの志はなんですか?

 

『志』は何か

平均値以下の過去をやり過ごしてきましたが、その後結婚をして子供を授かりました。

今は2人の男の子がいます。『はじめてのおつかい』に出れるぐらいの小さな男の子です。

 

少しずつ生活環境が変わるにつれて僕の中で大切なものが変わっていきました。

独身の時はもちろん自分中心の生活です。

それが妻に変わり、子供に変わり、今では家族全員です。

 

子供をもつ父親なら誰しも思うことかもしれないけど、家族に対して

何があっても守ってあげなくては

という想いがあります。

子供たちには特に。

 

小さい頃の子供ってとっても無力な存在ですよね。

親なしでは生きてさえいけない。

何をしてもダメだった平均値以下の僕だけど、この子たちにとってはなくてはならない存在なんです。

 

この記事を読んでくれているあなたにも子供がいるのなら、お子さんにとってあなたは生命線です。

あなたがいなきゃ生きていけません。

 

こんな小さな子たちを絶対に路頭に迷わすわけにはいかない。

本人たちが幸せだと思える人生を歩ませてあげたい。

子供が成長していくにつれて、そう強く思うようになりました。

 

子供たちが幸せな人生を歩むため。

そのためにこれから僕はなにをしたらいいんだろうと真剣に考えました。

 

僕の中で出てきた答えは具体的に2つ。

1つ目は

コレ!っていう夢を持ってその道を進んで欲しい。
そのためには色んな経験をさせて視野を広げてあげたい。
つまり、僕にできることは『経済的支援』です。
先立つものがなければ経験させてあげることができません。
キッザニアのような職業体験も大切だけど、たとえば投資の経験をさせてあげようと思えば資金がいりますよね。
そういう学校では学べない事も教えてあげたい。

 

2つ目は

もっと子供たちと過ごす時間を増やしたい。
そうすれば今よりも子供たちの考えている事がわかるし、いろんなことを一緒に楽しんで共有することができます。
些細な変化がわかる『1番の理解者』になってあげること。
たとえば、いじめを親に相談できないなんてことにはなってほしくないんです。

 

この2つがさんざん考えた結果出た答えでした。

つまり

子供の1番の理解者になって夢を支えてあげられる親になる

ことだと思ったんです。

これが僕の志だと。

 

ブログの存在

そうはいっても、その時は志とかけ離れた生活を送っていました。

毎日朝早くから夕方まで仕事をして、帰ってから子供と会える時間は寝るまでのたった3時間。

残業で遅くなったりすると寝顔しか見れない日もあります。

 

なんとかしないと。でも今の職場は辞めるわけにはいかないし。

かといって限られた時間で何ができるんだろう…。

 

そう思って副業でできることはとにかくチャレンジしまくりました。

仮想通貨、せどり、ネットワークビジネス、FXなどなど。

いろんなことを試してみたんだけど、どれもうまくいかなかったんです。

お金だけを消耗していく日々。

 

そんなある時、インターネットでブログを運営して不労所得で生活している人がいると知りました。

よくよく調べてみるとリスクもほとんどなし。

自分1人で好きなタイミングで始められる。

 

もしもこれが本業以上の収入になれば仕事を辞めて子供との時間を増やせる上に、収入も比べ物にならないくらいもらえる可能性があります。

 

これだ!と思ったらなんでもすぐに実行に移してきたので、もちろんブログもすぐに始めました。

ただ、僕は長い文章を書いた経験がほとんど無かったんです。

記憶にあるのは中学校の卒業文集の作文。

 

こんなレベルで世間の皆様に読んでもらう記事なんてかけるんか?とも思いました。

でも、僕には志があります。

できるかわからなくてもやってみなきゃわからん。リスクがないならとにかくやってみよう。

子供たちのために。

 

そういう想いで記事を書き始め、少しずつ書くことにも慣れていきました。

初めのうちは収入がないことがわかっていたのでひたすら記事の数を増やしていったんです。

 

そんなある日ふと1通のメールが。

それがコレ。

 

 

これはもしかして初報酬!?

ビックリして目を疑いました。

 

報酬はたった354円だけど、僕の記事を読んで買ってくれる人がいました。

嬉しかったです…。

 

会いに行って感謝の気持ちを伝えてハグしたいぐらい嬉しかったです。

たぶん、ブログを続けている人たちはみんなこういう気持ちなんだろうな。

 

それまでいくつもの記事を書き、見てもらえるかもわからないのになんとか続けてきたけど、やってきてよかった。

そして0を1にできたここからが始まりでした。

 

僕はそれからも記事を書き続けています。

報酬も少しずつ入ってきてるけど、まだまだ志には程遠い。

 

子供は日々どんどん成長していってるのに親の成長が止まっていてはダメですよね。

親として夫として常に頼りがいのある背中を見せていくためにも、ゆっくりでもいいから着実に前に進んで行きます。

 

過去を振り返ると自分でも最低だなコイツって思ってしまうような人生でした。

そんな僕でもブログと出会い、志に向かって進むことができています。

 

それはすべてこのブログを読んで頂く方々のおかげです。

本当に本当にありがとうございます!

 

自己満足かもしれないけど、記事を読んで悩みが解決する。"読んで良かったな"とか"試してみよう"って思ってもらえる。そうやって誰かの役に立つ事がとても嬉しく感じます。

 

僕がブログをするもうひとつの理由

僕がブログをする理由はすでにお伝えしたように志があるからです。

それが揺らぐことはありません。

 

そしてその志のためには本業とは別の収入が必要です。

ブログをする事で副収入を得る。

もちろんそのために運用しているんですが、お金を稼ぐためだけにブログをしているわけではありません。

 

僕はブログを通して世の中のパパにもっともっと稼いで欲しいと思っています。

それはなぜか。

 

例えばパパの副収入が本業と同じだけ入ってくるようになったとします。つまり本業だけの時より2倍の収入になったってことですよね。

お金に余裕ができると毎日の生活に余裕ができるし、何より""にゆとりができます。

 

心にゆとりができると不安が減って、おおらかな気持ちになる。

少々のことではイライラしたり怒ったりしなくなるから、子供への対応も変わってくると思うんです。

 つまり、子供への虐待や育児放棄をしなくて済むようになるんじゃないかと考えています。

 

昨今いろんな事件があり、なんの罪もない子供たちが亡くなっています。

 

2014年に神奈川県で5歳の男の子が餓死した事件がありました。

父親と2人暮らしだったその男の子は幼稚園にも通わず話せる言葉は『パパ、ママ、ご飯』程度。
ゴミだらけの狭いアパートに1人監禁され、その父親は1週間に1.2回しか家に帰らなかったようです。
亡くなる1週間ぐらい前、男の子は衰弱して立ち上がることもできず、か細い声でその父親に『パパ…パパ…』と救いを求めたそうです。
父親は怖くなり家から逃げ出した。
電気、ガス、水道の止まった1月の寒い部屋の中でその子はTシャツ1枚の姿でうつ伏せになって絶命しました。

 

この事件を知った時、僕は涙が止まりませんでした。

その男の子はどんな環境であれ愛する父親に助けを求めたんです。

ひとりぼっちの部屋でどれだけ辛かったか、どれだけ寂しかったか、どれだけ生きたかったか、どれだけ愛されたかったか。

 

全ての事件が貧困から来るものではないかもしれません。

例えお金があったとしてもクズ親の元に産まれてしまえば虐待を受けます。

 

でも子供はその小さな小さな体で全てを受け止めようとします。

まだ右も左も分からない頭で一生懸命考えます。

 

2019年5月のYahooニュースでこんな記事があります。

貧困は本当に児童虐待の原因か? データと事例から探る

その記事の中で虐待と貧困の関連を示すデータが載っています。

それがコレ。

 

虐待につながると思われる家庭・家族の状況

 

この中で経済的に問題があるのは上の3つです。

最も多いのが"経済的な困難"で33.6%

 

要はお金がないと児童虐待が起こりやすいということですよね。

そんなことになって欲しくないんです。

 

唯一の味方であるはずの親から裏切られる。どんなに罵声を浴び、暴力を振るわれ、食事を与えられず、否定され続けても、それでも子供は親からの愛を求め続けます。

ただただ、愛情を求めるんです。

なぜかって、大好きなパパやママだから

 

親の笑顔で子供は愛情を感じると言います。

パパには常に笑顔でいて欲しい。本気でそう思っています。

 

そうなるために必要なもののひとつが経済的な余裕です。

僕もまだまだ余裕があるわけではありません。

でも、沢山の愛情を注いでいます。

 

同じような志を持つパパと共に成長していきたい。

少しでも役に立てる事があるならブログを通してお役に立ちたい。

だから、僕はこのブログを通して副業でお金を稼ぐこととパパの悩みを解決する"ことを記事にしています。

 

""時間""お金"に余裕のある生活を手に入れて、子供に沢山の愛情を注いで幸せになりましょう。

 

ブログはその可能性を大きく秘めています。

僕がブログをする事で、幸せなパパが増えることを心から願っています。

 

とは言っても

長々と僕の過去や想いを記事にしました。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございます。

 

あまり面白く書くことはできませんが、何か伝わるものがあるといいなとおもって綴りました。

もしも何かちょっとしたことでも共感して頂けたら嬉しくおもいます。

 

ここまで父親としての僕の志やこのブログのもうひとつの目的について綴りました。

でも、パパとしての幸せってそれだけじゃないですよね。

趣味もあるだろうし、これから挑戦してみたいことだってあると思います。

 

そうです。自分の好きなことだってしたいんです。

僕ももちろんそう。色んなことをしたいと思っています。

例えば

・時間を気にせずパソコンでオンラインゲーム
・漫画を全巻読破
・好きな服を探しにお店巡り
・アーチェリーやってみたい
・ジムに行って体幹を鍛えたい
・美味しいお店で料理とお酒を堪能したい

などなど。

 

子供と過ごす時間は子供へ最大限の愛情を注ぐ。

自分の時間や夫婦の時間も好きなことをして過ごす。

 

育児をしているとうまく行かないことだったりイライラしてしまうことも沢山あります。

合間で息抜きは絶対に必要。

それも"時間"と"お金"があればできますよね。

 

僕はそのためにもブログをしています。

全ては僕の周りの人を幸せにするため。僕の記事を読んでくれる方を幸せにすること。

これに尽きます。

 

これからパパになる方、もうパパとして子供がいる方、すでに孫がいる方など沢山のパパが幸せになれるように頑張ります。

何かに迷っているパパさん、本当はこんなことがしたいっておもっているパパさん、ぜひ一緒に成長していきましょう!

夢はみるモノじゃなくてかなえるモノです。

-このブログについて

© 2020 IKUJI homme