不妊パパの治療情報

男性不妊?そう思った時の対処法と自宅でできる精液検査キット2選

この記事では

  • 男性不妊ってどんな状態?
  • 精液所見の基準値は?
  • もしかしたら男性不妊かもと思った時にどうすべき?
  • 自宅で精液検査をするためのオススメのキット

などをご紹介しています。

妊活してもなかなか子供ができない。

というカップルが近年とても多いようです。

今までは女性側になにかしらの原因があると思われてきました。

でも今や原因は女性だけでなく男性にもあります。

その割合は約半数。

もう女性だけが原因ではないんですね。

なかなか子供ができないと気になったら、検査してみることをオススメします。

そもそも男性不妊とは

不妊症の定義として『カップルが避妊をせずに性行為をしても、1年間妊娠しない状態』としています。

その中で男性側に原因がある場合男性不妊ということになります。

精液所見の基準値

WHO(世界保健機関)という機関が基準を発表しています。

項目 基準値
性液量 1.5ml
精子数 1500万/ml
精子の運動率 40%以上
正常形態精子率 4%以上
前進運動率 32%以上

性液量

1回の射精で採取される量です。

精子数

1ml中に含まれる精子の数です。

精子運動率

精液全体の精子に対して動いている精子の数の割合です。たとえ数が多くても動いていなければ受精はできません。

正常形態精子率

正常な形をしている精子の数の割合です。これはとても意外でしたが、精子の中には奇形が多く含まれます。正常な形をしているものが4%いれば正常範囲なんですね。

前進運動率

精子全体のうち、ちゃんと前に向かって進むことのできる精子の割合です。

 

ただ、このWHOの基準値には問題があり

  • 日本人の精液所見が含まれていない
  • 妊娠したカップルの精液を元に作られている

ということ。

つまり、この基準をそのまま不妊治療の指標として当てはめていいのかという疑問が。

異常の判断に用いるものではなく、あくまでも基準値ということです。

精液所見がこの基準値よりも悪くても妊娠する場合もありますし、良くても妊娠できない場合もあるということですね。

そこでこの基準を元に独自の基準を設けている施設もあります。

男性不妊の分類

①精子の異常

先ほどご紹介した精液所見の値からかなり悪い状態であれば精子そのものの異常となります。

乏精子症

精子濃度が1500万/ml未満の状態。

無精子症

精液の中に精子が存在しない状態。

精子無力症

前進運動率が32%未満の状態。

奇形精子症

正常な形の精子が4%未満の状態。

死滅精子症

生存精子が極端に少なく、ほとんどの精子が動いていない状態。僕の所見はこれでした。

なとなど、他にもあります。

②性路の異常

精子の通り道でなんらかの障害がある場合です。

精索静脈瘤

精管という精子の通り道があるのですが、その周りにある静脈にコブが出来て血液が鬱滞している状態です。

精子は温度変化に弱いため、コブのある部分の温度が上がり精子に影響を与えていることが考えられます。

無精液症

精液そのものを認めない状態。

③射精の異常

勃起不全や膣内射精ができない状態でも男性不妊になります。

ED(勃起不全)に対しては薬で改善されることがほとんどだと思います。以前はバイアグラが有名でしたが、今ではシアリスやレビトラなどのもっといい新しい薬が出ています。(レビトラは2020年1月時点では全国的に欠品中)

パートナーと相談する

ここからは、もしかしたら男性不妊かもしれないと思った時にどうすべきか、僕の経験からご紹介します。

まずはパートナーに相談してみることから始めるといいとおもいます。

実際に僕もそうしました。

もしかしたらどちらかに原因があるかもしれないから専門家に聞いてみようと。

双方の同意が必要ですが、子供が欲しいと願うカップルの場合はそんなに高いハードルではないと思います。

その結果なにも問題が無ければまた違った対策がいると思いますし、何かしらの原因がある事がわかればそこを治療すれば子供を授かる可能性が上がるわけです。

不安はあるかもしれませんが、一度調べてみてもいいのではないでしょうか。

自分で精液検査をする

いきなり専門の病院やクリニックに行くのは気が引けるという方もいるかと思います。

それに、行きたくても近くに専門の施設がない地域もありますよね。

そういった場合は自宅で検査をすることが可能です。

ご紹介する検査キットはどちらも自分だけが結果を知る事ができるものなので、『検査したことを誰にも知られたくない』という方や『結果を知るのに対面はイヤだ』という方にも向いていると思います。

自宅で検査をしてみた結果、あまり良くない状態とわかればさらに詳しく調べるために専門家に相談という流れでもいいですしね。

自宅で検査できるタイプのものでオススメのものを2つご紹介します。

  • スマホで結果が分かるタイプ
  • 検査機関に郵送するタイプ

ご自身に合ったものを選んでみてください。

スマホで検査

検査キットも色々な種類がありますが、すぐに結果が知りたいという方はスマホでできるものがあります。

それがこの『SEEM』シーム

スマホでやり方の説明を見ながらできるのでとてもお手軽に自分でできますよ。

外側のレンズを使って精子の状態を観察する形になります。

スマホが汚れたりしないようなキットになっていますが、失敗すると悲惨なことになるかもしれません(笑)

その場で結果がわかりますが、すべての工程を自分で行う必要があります。

 

POINT

メリット
・その場で結果がわかる
デメリット
・全ての作業を自分でしなきゃいけない。
・結果が自己判断なので信憑性に欠ける

誰でもできるようなキットになっているので、特につまづく事なく検査ができます。

検査をする事に特に抵抗のないカップルであれば一緒にやってみて結果を確認するのもいいのではないでしょうか。

検査機関へ郵送

スマホで検査するタイプのものは全て自分でしなければならない上に、専門的知識が無いとちゃんとできてるのか不安ですよね。

より確かな検査結果を知りたいという方は、検査機関に郵送するタイプのものをオススメします。

商品名は『PREGNACT』プレグナクト

結果はサイトで確認できるので郵便物が自宅に届くこともありません。

 郵送費も込みなので送料がかかる心配もなし。

 

POINT

メリット
・専門機関が診断してくれるので結果に信憑生がある
デメリット
・郵送する手間がかかる
・結果がわかるまでに数日かかる

どちらのキットも単回使用になっています。

精液の状態はその時の体調や採取した環境にかなり左右されるので、何度か検査をしてみて統計をみてもいいのかもしれません。

専門の機関へ行くのはそれからでも遅くはないのかなと思います。

専門のクリニックへ行く

自宅でやってはみたものの検査結果がよくわからなかった。

とか

最初からちゃんとした検査をして医師から話を聞きたい。

という方は専門の病院やクリニックに行く方がいいと思います。

人気のあるクリニックなどは待ち時間がある程度かかりますが、検査結果を細かくしっかりと説明してもらえます。

わからない内容があれば質問もできますし、もしあまり良くない結果だった場合は今後の治療方針も相談する事ができますからね。

最後に

精液検査は一般的な検査と違い、多少なり偏見があるかも知れません。

嫌がる男性も多くいるかと思います。

僕はあまり偏見がなかったので嫌な気持ちにはなりませんでしたが、なかなか前向きになれないという方の場合は恥ずかしいとか不安という気持ちを和らげる事から始めてもいいと思います。

今回ご紹介した検査キットは自宅で簡単にできるので、『試しにやってみる』程度の感覚でやってみたらいかがでしょうか。

あまり焦らずにゆっくりと進めていく事をオススメします。

-不妊パパの治療情報

© 2020 IKUJI homme