初心者ブロガー向け

通勤電車で超かんたんにブログ更新:スキマ時間はスマホ時間

 
ブロガーさん
ブログを始めたけどなかなか時間がなくて記事が書けません…。

今回はそんな悩みを解決します!

昼間は仕事、帰ってからは子供の相手や家事で記事を書く時間ってかなり限られますよね。

アンディ

 

やることが全部終わった後にパソコン開いてさぁ書こう!としても、エネルギーが残っていないってことよくあります。

記事を書くつもりが動画を見てしまったり他の記事を読んでしまったりしてしまう…。楽な方に流されちゃいますよね。

そんな方には通勤時間を使うのが超オススメです!

この記事を最後まで読むと…

  • 通勤時間にスマホを使ってブログ更新ができるようになります

 

通勤電車をオススメする理由

通勤って行きと帰りと2回ありますよね。
この通勤電車の時間を使わない手はないですよ!

僕の場合、電車と徒歩で約1時間かけて通勤しています。往復で合計約2時間ですね。

 

通勤電車が適している理由は…

  • エネルギーが使える
  • 1人の時間
  • 作業に集中できる

この3つです。

 

エネルギーが使える

1日仕事をしたあと家に帰って子供の相手や家事をして静かになってから、さぁ記事を…。

これでも書ける方は書けます。でも、昼間仕事してる方のほとんどは疲れきってません?

 

記事を書くまでにエネルギーを使い切ってしまってるんですよね。

本来ならあとは寝るだけ。みたいな状態ですから。

 

通勤電車ならどうでしょうか。

朝ならまだ仕事前です。

エネルギー満杯タンク(満タン)

な状態ですよね。

頭の回転もいいはずです。この状態を利用しないでいつ記事書くの!と言いたい。

 

そして、仕事帰りの電車もまだエネルギー少し残ってません?

深夜まで残業してクタクタな状態なら別ですが、毎日そんな激務ではないと思いますし…。

 

要はエネルギーが残ってる状態の時にある程度記事を作っておくとかなり楽。ということ。

 

1人の時間

家で記事を書こうとすると子供がいたり奥さんがいたりでなかなか1人で記事を書ける状況にないと思います。

電車内は赤の他人はいるけど基本1人ですよね。この時間って貴重です。

誰にも気を遣わなくていい時間ですから。

 

作業に集中できる

家で記事を書くとなるとテレビやパソコンやゲームなど、悪魔のような誘惑が山のようにあって気が散ってしまう。

でも電車だと他に邪魔されるものがないので記事を書くことだけに集中できます。

 

今までスマホゲームやYouTubeを見ていた時間をブログの記事作成に切り替えるだけでいいんです。

周りの雑音を消すために音楽を聴きながら作るとより集中できます。

同じ通勤時間でもかなり有意義な時間の使い方になりますよ!

 

\ 通勤電車で集中できるオススメグッズ /

参考 ≫記事作成がはかどる最強のノイキャンイヤホン

 

スマホで記事作成の仕方

ここからは通勤電車でブログ記事を作る方法です。

とっても簡単なのでやってみてくださいね!

 

ワードプレスのブラウザ版を使う

記事を新規で作るのも編集するのもブラウザのワードプレスで行います。アプリは使いません。

その理由として

  • アプリはできることが限られる
  • 編集画面が見にくい

このことからブラウザを使います。

有料のテーマを使っていたりする場合、アプリではその良さが使えなくなってしまいます。

 

時短の書き方を覚える

通勤時間は限られています。

限られた時間の中でなるべく簡単にやるには手順が重要。

  1. タイトルを決める
  2. 見出しを決める
  3. 導入文を書く(最後でも可)
  4. 見出しに沿った内容を書く

この順番でやると記事作成が早く、内容がブレないまま作ることができます。

 

画像を挿入する

本文中に必要であれば画像を挿入します。

ただ、注意しなきゃいけないことが2つ。

  • 画像の大きさ
  • ファイルの大きさ

サイズの大きい画像だとスマホで見た時はちょうど良くても、パソコンで見た時に画面いっぱいのとんでもなく大きい画像になってる場合があります。

 

そのへんは好みですが、僕の経験だと横のサイズが500px前後ぐらいがちょうどいいかなと。

もちろん画像の使い方によるので一概には言えないですけど、投稿する前には必ずパソコンでもサイズ感を確認しておきましょう。

 

もう一つ注意するのが画質。綺麗な画像になるほどファイルサイズが大きくなります。

綺麗なのはいいことですが、ページ全体が重くなって表示するのに時間がかかるようになります。

 

綺麗なままファイルサイズを小さくしてくれる『Tiny PNG』というサイトがあるんですが、圧縮後のファイルはzipでダウンロードしなきゃいけないのでスマホでは扱いにくいです。

そこで簡単に小さいサイズに変えてくれるアプリがあります(下の方で紹介しています)。

 

アイキャッチを作成する

アイキャッチを作るのにとてもいいサイトが『Canva』というサイトなんですが、スマホ用のアプリはかなり使い勝手が悪いです。

Canvaでアイキャッチを作るならブラウザで作ることをオススメします。

それでも使いにくいという方は代わりのアプリがあります(これも下で紹介しています)。

 

記事作成に使えるアプリ

僕が使っているアプリです。

色々使ってみた結果今はこのアプリに落ち着いています。

全て無料で使えるので1度試してみてはどうでしょうか。

 

画像の編集

画像を簡単に編集するアプリたちです。

 

Skitch

アルバムの写真、地図、PDFファイルなどに直接書き込むことができます。

文字や矢印はもちろんですが、モザイクやスタンプなども無料で利用することができます。

 

Annotable

Skitchと似ていますがさらに細かく作業ができるアプリです。

ラインの太さやモザイクの掛け方、注目部分の白抜きなど。課金しないと使えないものもあるので必要なものだけ使うようにするといいかなと。

個人的に矢印のデザインはSkitchの方が好みです(笑)

 

Collageable

画像同士を簡単に結合させるアプリです。難しい操作がいらず、直感的に使えるので楽チン。

 

画像を圧縮する

大きなサイズの画像を任意の大きさにしてくれます。

 

画像圧縮

そのままの名前のアプリ。

このアプリも操作が超かんたん!

複数の画像を一括で圧縮することも可能。

サイズと倍率の2つの方法でサイズを変えれます。

『サイズと容量を確認する』で変更後のファイルサイズを確認できます。

 

アイキャッチ素材

アイキャッチ画像も無料の素材は沢山あります。

 

Pixabay

有名なサイトですね。綺麗な画像が多いです。

 

Shatterstock

本来有料ですが、お試しで10枚無料でダウンロードできます。メールアドレスとクレカを複数用意すれば何度でも無料お試しできる裏ワザ?もあり。

他とかぶらない画像が欲しい方は是非!

 

O-DAN

すみません。アプリではないです。

ですが、さまざまな無料画像のサイトをまとめて検索することができるのでかなり使えるサイトです。

横断検索するのでO-DAN(オーダン)という名前なんですね。

 

『通勤電車で超かんたんにブログ更新』のまとめ

僕はこの記事でご紹介した方法を使って、ブログ記事の作成がかなり楽になりました。

往復の通勤時間と昼の休憩時間で80%近くまで作れたら、後は家でアイキャッチを作ったりするだけで終わる事ができます。

 

はじめは慣れないのでなかなか上手くできませんが、慣れてしまうとかなり早くなりますよ!

できるだけエネルギーのあるうちに記事は作ってしまいましょう。

 

-初心者ブロガー向け

© 2020 IKUJI homme