初心者ブロガー向け

The Thor(トール)からAffinger5(アフィンガー)に変えてみた感想【結果良かった】

 

ブロガーさん
今使ってるワードプレステーマがThorなんですが、Affinger5に変えようか迷っています。
両方使った方からどっちが良かったのか経験談を聞きたいです。

今回はそんな悩みを解決します!

僕は最初Thorを使っていましたが、今はAffinger5に変えました。
その理由や変えてみた感想、変えたことで分かったそれぞれの良さをお伝えしようと思います。

アンディ

 

基本となる料金は14,800円と同じ価格ですし、どちらもSEOに強く稼ぐということに特化したテーマとして売り出しているので方向性がかなり似ています。

今現在どちらかのテーマを使っていて変えようと考えているとか、どっちの有料テーマにしようか迷ってるという方の参考にして頂けたらと思います。

この記事を最後まで読むと…

  • ThorからAffingerにまたはその逆に変える決心がつく
  • ThorとAffingerのどちらを購入するか結論が出る

 

僕にとって扱いやすかったのはAffinger

最初に結論を述べてしまいますが、僕の使い方や好みで判断するとAffingerの方が良かったです。

有料テーマを使う理由として

  • デザイン性
  • ツールの使いやすさ
  • SEO対策

この3つを重要視した結果です。

デザインに関してはAffinger上位版『Affinger EX』のデモサイトがどストライクでした。

コレ。画像クリックでデモサイトに飛びます。

リストやボックスなどのパーツも簡単に扱えますし、FontAwesomeに対応しているのでアイコンも簡単に変えることができます。

SEOに関しては詳しいことはわからないですが、テーマを変えただけで検索上位に上がったとかアクセスが増えたなどの口コミもあるので間違いないであろうという判断です。

 

僕のブログの使用用途としては、最終的にオリジナル商材の販売を視野にいれた運営をしています。

両方のテーマともにウリは『稼ぐことに特化』したアフィリエイト記事の作り易さですが、僕自身アフィリエイトをガッツリやっていたというわけではないのでそこは少しズレます。

ただ、アフィリエイト記事もいくつかはありますし商品を売るというのはどちらも同じなのでテーマのウリには当てはまっていると思っています。

 

Thorを使っている時の不満

僕はワードプレスを立ち上げた初期に有料テーマとしてThorを使用しました。

全くの初心者ながらに色々調べて設定をしていったりCSSを勉強して好みのデザインに変えていったんですが、最初はこんなものかと思っていたのが使い慣れていくうちにちょっとした不満も出てきたのでいくつか挙げてみます。

 

  1. 設定メニューがわかりにくい
  2. デザインがシンプルすぎる(固い感じ)
  3. 理想のデザインにするにはCSSの知識が必要
  4. 問題に対しての解決策が見つからない
  5. 不具合が多い
  6. アフターケアが良いとは言えない

といった項目です。

ブログを書く側にとっては、テーマのせいで記事を書く時間が減るのはとてもストレスになります。理想のデザインにサクッと変えれたり、分からない設定や不具合が出たときにすぐに解決策が見つかると無駄な時間を減らすことができます。

 

ブロガーにとってはストレスなく記事が書けることが1番ですから。そういった点では僕にとってThorはまだまだ使いこなすのが難しいテーマなのかもしれません。

とてもいいテーマではあるんですけどね。

 

カスタマイズメニューが分かりにくい

Thorはカスタマイズできる設定項目が他のテーマに比べて多いです。いろいろな設定ができるのは良いことだと思うので項目が多いのはとてもありがたいのですが、細かい設定項目がバラバラに配置されていてどこで設定できるのかがとても分かりにくいです。

 

例えば記事のアクセスランキングを表示しようとして『基本設定→アクセスランキング設定』まで行っても、閲覧数を表示する文字の変更やアクセス数のリセットができるだけ(下の写真を参照)。

アクセスランキングの表示・非表示だったり表示する記事数などの設定は『TOPページ設定→記事ランキング設定』に行かないと変更できなかったりします。

1つの設定をするのに探し回らないといけないのはとてもストレスですし、わざわざググるのもかなり手間です。

 

デザインが好みじゃない

個人的な好き嫌いを言ってしまうと元も子もないですしデザインは買う前に確認すべきですが、なんせワードプレス始めたての初心者だったので『性能がいい』とか『カスタマイズが豊富』というレビューを沢山見ると魅力的に思えて買ってしまいました。

 

Thorは着せ替え機能があり9種類のデザインがそのまま使えます。僕はどのデザインも気に入ったものがなかったので使いませんでした。どうせなら決まったものよりは自分で好きなようにデザインしたいと思ったからです。でもまぁプロが作ったデザインに勝るものはないですけどね(笑)

 

他にも最初から沢山のツールが入っています。組み合わせ次第で53種類にもなる見出しだったり、自分で簡単に作れるボックスだったり簡単にリストやブログカードもできてしまいます。HTMLやCSSコードの知識がなくても使えるのでとても便利なのですが、どれもかなりシンプルなデザインだったので僕の好みのものではありませんでした。

 

理想のデザインにするにはCSSの知識が必要

ワードプレスでブログを作っていくのにデザインにもオリジナリティが欲しい!と思っているならどのテーマを使ってたとしても多少なりCSSコードの知識は必要です。

 

Thorのデザインはシンプルすぎるのとハッキリした色合いのものが多いので僕の好みとは合わず、残念ながらそのまま使おうという気にはなりませんでした。そういう点では他のテーマよりもCSSの知識が必要になるのかもしれません。

 

僕は有名なサルワカさんのサイトやThor用カスタムのサイトを参考にして、見出し、もくじ、リスト、プロフィールなど、全てCSSでカスタマイズして使っていました。

 

CSSコードはワードプレスを始めてから勉強したので大した知識もないため、もっとこうしたいなーと思って何度かデザインの変更にチャレンジしたんですがあまりうまく作れませんでした。

こんなデザインにしたい!というこだわりが少しでもあるならCSSは勉強しておくべきですね。

 

問題点に対しての解決策が見つからない

Thorは2018年の10月にリリースされた比較的新しいテーマなので、利用者も他のテーマに比べると少ないようです。

マニュアルだけでは分からないことがあるのでウェブ検索して調べようと思っても求めていた答えが見つからないことが多々あります。

 

疑問や不具合を解決するためにThorには会員フォーラムがあり、なんでも質問することができます。沢山の投稿や回答がありますが、フォーラム自体がかなり見にくい。特にスマホで見ようとすると表示がかなり縦長になっています。

こんな風に。

フォーラムでは解決策が見つからない事もよくあるのでその時は自分でなんとかしないといけません。でも初心者にはそんなこと当然無理ですし、プログラムコードに詳しくない僕のような人にも修正はできません。諦めるしかないんです。

 

不具合が多い

Thorはさまざまな機能がデフォルトで備わっているためプラグインとの相性の良し悪しが他のテーマと比べて多い印象です。

他のテーマでよく利用される『All in One SEO Pack』だったり『TinyMCE Advanced』などは不具合が出やすいようで避けた方がいいです。

 

他にも細かいことですが、このブログを検索した際に記事タイトルの後ろに設定していないブログ名(以前つけていたブログ名)が表示されていたりするんですよね。

サーバー側でもワードプレス側でも設定は間違っていないし、キャッシュを削除しても改善されないので原因が全く分からず…。他のテーマにすると消えるのでThorが原因かなと。

 

アフターケアが良いとは言えない

Thorのアップデートには専用のIDが必要です。ですが、このIDの載ったメールを誤って削除してしまった事があります。

専用IDが必要という事を知ったのは削除したあとでした。その旨を運営に確認すると返信されたメールには添付された購入時の規約とともに再発行は5,000円必要だと言われました。

もちろん誤って削除したのは僕自身の責任です。ですが、ただでさえ高いテーマなのにIDをただ再発行するだけなのにさらに5,000円…。僕が無知なだけなのかもしれません。どのテーマでも何らかの再発行にはそのくらいのお金がかかるものなのでしょうか。

日頃からパソコンのバックアップを取っていたので、メールを復元してIDを確認することでお金を払う必要はありませんでしたが、もう少し安くても良いのではと思ったりしました。

 

Affingerに変えて改善された点

改善された点は主に3つ

  1. デザインカスタマイズの自由度が増えた
  2. ストレスなく記事が書けるようになった
  3. 解決策はググれば見つかる

他にも細かいことはありますが、大きくはこの3つです。

 

デザインカスタマイズの自由度が増えた

デザイン自由度の高さと設定の簡易さでAffingerを選んだと言っても過言じゃないので、デザインに関してはかなり好みのものになりました。書いていて楽しいと苦にならないですからね。収入に直結することではないですが、ブログを続けていくためにはとても大切な事じゃないかなと思っています。

 

見出しデザインの数はThorほどありませんが、少しCSSをいじれば変更できますし見出しのデザインもアップデートで増えています。

TOP画面のカスタマイズだけを見ても自由度がかなり高く、さまざまな構成にすることができます。カテゴリーごとに記事を並べる事ができたり、カードタイプに変えてタイトルのみの表示にしたり。Thorで実現できなかったことが簡単にできるようになりました。

例えばこんなスライドショーも簡単に作成できます。

初心者ブロガー向け

2020/10/5

【AFFINGER5】トップページをオシャレにカスタマイズ!【パララックス効果】

初心者ブロガー向け

2020/9/30

【1記事完結】超簡単ワードプレスの始め方【パソコン編】沢山の画像と詳しい手順で説明しています

初心者ブロガー向け

2020/10/5

仕事と育児で忙しい二児のパパでも初報酬を稼いだ6つのステップ+α【特典付き】

初心者ブロガー向け

2020/9/30

自分の伝えたいことを記事タイトルにしてはいけない

初心者ブロガー向け

2020/10/1

【AFFINGER5EX】スマホ用ヘッダーメニューの設定方法【横にスライドするやつ】

 

ストレスなく記事が書けるようになった

ブログで記事を書く側にとっては記事の書きやすさがとても重要です。専用のプラグインを使うとよく使うツールやパーツをビジュアルエディターに登録する事ができるので作業効率が格段に上がります。

 

解決策はググれば見つかる

テーマの使い方や設定の仕方で分からないことがあっても、Affingerの場合Googleで検索すればほとんどのことは解決します。

テーマがリリースされてから期間が長いのでその分ユーザーも多いです。問題が起こっても何かしらの対応策がすぐにわかるのはとってもありがたいことですし、運営も対応が早いです。不具合や問題がすぐに解決すると記事を書くこと以外に時間を取られる必要がなくなります。

 

Affingerの不満

ココもうちょっとなんとかならないかなーと思った点を挙げてみます。

  1. 専用プラグインを揃えると結構お金がかかる
  2. Gutenbergに対応はしているもののまだ使い勝手が良くない

この2点。

 

専用プラグインはお金がかかる

Affingerの専用プラグインは魅力的な物が多いですが、導入にはお金がかかります。新しいプラグインはプレリリースとして無償提供の期間が設けられていたりもしますが、その期間以外はすべて有料。

 

テーマの値段が14,800円なのでそんなに安い物ではないのに、さらにいろいろ付け足すとあっという間に30,000円とかになりますね。『タグ管理マネージャー3』に至ってはAffinger本体よりも高いです(笑)

 

ちなみに僕はAffingerの上位版テーマのEX(+12,000円)を使っています。特別仕様のテーマとなっていて追加機能は20以上。その内容は購入者にしか分からないよう極秘となっています。

いろいろ買う事を考えるとトータルでかなり高いテーマになってしまいます。

 

Gtenbergに対応したけれど使い勝手がよくない

2019年9月にAffingerもブロックエディターに対応していますが、推奨はクラシックエディターです。使い勝手はまだまだ良くはないですね。慣れもありますし、2022年からはブロックエディターに移行しなきゃいけないので早く完全対応してもらいたいところです。

 

Affingerにしたからこそ気づいたThorの良さ

AffingerにしたらThorの機能が使えなくなってしまい、これはThorの方が便利良かったなーというものだったり、Thorの方が機能が上のものもあります。

 

もくじの作成にプラグインがいらない

Thorは目次の作成ツールがテーマに入っています。僕は他のテーマを知らないままThorを使っていたので特に何も思わなかったですが、目次のためにプラグインを入れる必要がないのはいいですね。CSSでのカスタマイズも簡単にできますし、この機能は他のテーマもあってほしいです。

 

サイトマップの作成にプラグインがいらない

Googleアドセンスの合格やSEO対策に必須のサイトマップですが、『Google XML Sitemaps』や『PS Auto Sitemap』といったプラグインを使うのが一般的です。でもThorには始めから作成ツールが入っているのでプラグインを入れる必要がありません。プラグインが多いと不具合が起こったりサイトが重くなったりするので、なるべく入れたくないですからこれはとてもいい機能です。

 

Page Speed Insights の違い

サイトの表示速度ですね。Googleが提供しているスピード計測サイトの『Page Speed Insights』での結果ではThorの方が上です。

これがThorの計測結果(左がパソコン、右がモバイルです)

 

これがAffinger5の計測結果(左がパソコン、右がモバイルです)

速度はThorの方が上ですね。

キャッシュ機能や内部SEOが強力なのはThorです。

プラグインなどが少なくすむこともあって表示速度はさすがに早いですね。

ただ、早いからといってアクセス数が多いかというとそうでもないみたいです。これは他のサイトでも実証済みのようで。

 

記事一覧ページで記事分析が確認できる

Thorの『見える化』機能を使うと8つの項目を記事一覧ページで確認することができます。

8つの項目とは

  • 総合閲覧数
  • 平均閲覧数
  • タイトル文字数
  • 本文文字数
  • タイトル内キーワード数
  • 本文内キーワード数
  • 内部リンク数
  • 外部発リンク数

この8項目。

この機能がプラグイン不要で付いているのはThorのみです。とても便利ですよね。

 

Affinger移行後に気づいた超便利なプラグイン

Affingerにはテーマ専用のプラグインがあります。有料のものが多いですがその中にはとても便利な機能を持ったプラグインがあります。

 

ステ子

ユーザー専用のコンシェルジュ的な機能を持つのが『ステ子』です。公式プロフィールによると性格はドSらしいです。

このステ子によく使う機能を登録しておけば、スタイルやタグからわざわざ選ばなくてもステ子から呼び出すだけでフォーマットが完成します。

 

例えば記事の導入に使う吹き出しやボックスなどもそうですし本文に使うリストなども超簡単に作成できるので、記事を書くスピードは確実に早くなります。

値段は3,000円なのでちょっと高いですが、買って損はしない機能です。

 

STINGERタグ管理プラグイン3

 

このプラグインはよく使う文章や広告をあらかじめ保存しておくと、ショートコードとして呼び出して記事内に貼り付けることができます。文章作成の邪魔にならないし、管理も簡単。

 

ショートコード化するためプラグイン内に保存された内容を修正するだけで、使っている全ての記事を一括変更することができます。

 

この『STINGERタグ管理プラグイン3』と『ステ子』を組み合わせて使うと記事作成がとんでもなく捗るのでオススメです。

使い方はタグ管理プラグインで作成したショートコードをステ子に登録する。これだけです。

記事作成の時はステ子でショートコードをすぐに呼び出すことができて、後から修正するのはタグ管理プラグインで修正をすれば一括で変わってくれる。1記事ずついちいち修正していく必要がなくなります。

このプラグインはAffingerを購入すると付いてきます(2020年6月時点での期間限定の特典)。ただ、この特典がいつ終了するかはわからないのでもし終わっていたら5,000円で購入となります。

期間限定の特典付きでAffingerをゲットする

 

The Thor(トール)とAffinger5(アフィンガー)それぞれこんな方にオススメです!

稼ぐことに特化したテーマとして人気のThorとAffingerですが、どちらも一長一短があります。両方を使ってみてどんな方がThorのままでいいのか、どんな方ならAffingerに変えた方がいいのかをまとめてみました。

 

Thorをオススメする方

こんな方にオススメです。

  • できるだけプラグインを入れたくない
    →標準で入っているツールがかなり豊富です

  • ブログの表示速度やSEO対策をしっかりしたい
    →かなり強力なキャッシュ機能と内部SEO対策がされています

  • キレイめでスッキリとしたデザインが好き
    →デフォルト状態ではカッコイイ、オシャレな感じのデザインです

  • 多少の不具合なら自力で対処できるまたは許容できる
    →不具合があるかもしれません

  • HTMLやCSSコードを使ってカスタマイズするのが好き
    →コードを使って自分好みに変更できるとより見た目はよくなります

  • 1万円代で最高のテーマを手に入れたい
    →Thorはコスパ最強のテーマです

上記に当てはまる方はThorを使っていても十分満足できると思います。

14,800円とテーマ自体は高いですが、テーマ内に標準で入っているツールが多いので余計なプラグインを入れる必要がなく基本的にThorのみで完結します(導入推奨のプラグインはいくつかあります)。

 

デザインは好みがあるのでなんとも言えませんが可愛いというよりもキレイめなスッキリとしたデザインになっています。カスタマイズするならCSSコードを多少なり勉強する必要あり。

 

Thorも非常にいいテーマです。初心者向きかどうかというレビューもいろんなブログでされていますが、僕は初心者でも慣れてしまえばどんなテーマでも扱えると思っています。ただ、慣れてから不満が多くでるくらいなら最初からいいものを使う方が結果安上がり。

 

Thorも日々進化していて、アップデートを重ねて発売当初よりもかなり使いやすくなっていると思います。通常版のみの比較であれば間違いなく1番いいテーマという僕の結論です。

Thorをもっと詳しく見てみる

 

Affingerをオススメする方

こんな方にオススメ

  • 細部までデザインにこだわりたい
    →カッコイイ、可愛い、オシャレなんでもありです

  • 記事を書くスピードを上げたい
    →専用プラグインを使うと記事作成がかなり捗ります

  • テーマにある程度お金が出せる
    →上位版のEXや専用プラグインは全て有料ですが、使用すればなんでもできる最強テーマに変わります

  • 楽してカスタマイズしたい
    →デフォルトでさまざまなパーツが入っているため、コードを使って作成する必要があまりない

細かいところまでカスタマイズしたい方にオススメのテーマです。

例えばTOPの画像を画面いっぱいに表示してメニューを透過させたい、パララックス効果を付けたいとか、カテゴリー表示を変わったものにしたいなどなど、デザインやブログの見やすさへのこだわりがあるのなら断然Affingerです。というかここまで簡単にカスタムできるテーマはAffingerぐらいしか無いんじゃないでしょうか。

ただ、専用のプラグインや上位版が別売りになっていますので色々カスタムしようと思うとThorよりもお金がかかります。

 

通常版+αでお金を出せるという方なら、Affingerは間違いなく最強のテーマです。

Affinger5をもっと詳しく見てみる

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

ちなみにアフィンガー5はパララックス効果を数クリックするだけで設定する事ができます!
あなたのブログのトップページをあっという間にオシャレにする事ができます。

是非試してみてください。

参考記事
【AFFINGER5】トップページをオシャレにカスタマイズ!【パララックス効果】

 

 

-初心者ブロガー向け

© 2020 IKUJI homme