初心者ブロガー向け

【パクりOK】はじめて記事を書くための具体例【初心者用】

 

 

ブロガーさん
ブログを立ち上げたところまでは終わりました!
これから記事を書いていこうと思うんですが、何をどう書いていけばいいかわかりません…。
具体的な書き方の手順を教えてもらえませんか?

今回はこんな悩みを解決します!

記事の書き方ですね!
わかりました。記事の構成と、具体的な手順やポイントを教えますね。
アンディ

 

僕は初めてブログを作った時、初期設定を終えていざ記事を書こうと思ったらどう書いていいかさっぱりわかりませんでした。

 

そこで、同じような思いをされているかたができるだけ簡単に記事を作れるように、記事の構成と書いていく手順をまとめました。

もしわかりにくいところがあればTwitterでDM頂ければお答えいたします。

この記事を最後まで読むと…

  • 初めて記事を書く方でもどう書いていけばいいのか具体的な方法が分かります

 

初心者はなにから書けばいいのかわからない

僕の経験ですが、始めたばかりの時は記事を書くといっても構成がわからないのでなにをどう書いていいかわからず、まったく書けませんでした。

今でこそ下手なりに書いてるんですけど、記事を書くことってライティングスキルとかってあんまり関係ないんだなって感じてます。

 

読みやすいブログを拝見すると、どの記事も執筆者独自のスタイルが決まっていて構成はほとんど同じ。

自分のブログのスタイル(テンプレ)というのが決まれば文章は結構すんなりと書けたりするので、まずはあなた独自の構成スタイルを作っていきましょう!

 

でもその前に、記事そのものの内容が決まっていないとどうしようもないので、記事を作る手順を進めていきます。

タイトルや見出しは決まってるから具体的な構成が知りたい!というかたはサクッと飛ばしてくださいね。

具体的な記事の構成方法まで飛ぶ

 

タイトルを決める

何はなくともまずはタイトルです。なんについて書いてある記事なのかをタイトルで教えてあげないと読者はポチってくれません。

 

タイトルの決め方はググるとたくさん参考になる記事がヒットします。

参考にするのはいいんですが、考えすぎてタイトルがなかなか決まらない…。なんてのは時間がもったいなすぎます。

なのであまり気にせずタイトルを決めましょう!

あとから何とでもなります。

 

ちなみに僕が最初に作った記事は旅行記でした。

海外や国内に旅行に行った時の案内のような記事ですね。

 

今から思えば

誰が読むん?それ…

という内容でした。

 

まぁ…どんな内容の記事でもいいんですよ(笑)

『食後のパグに顔を舐められなくする方法』とか『2020年上半期買ってよかったゴミ箱TOP5』とか『サウナで六法全書を読んでみた感想』とか、とにかくなんでもいいです。

あなたのブログテーマに合った内容の記事タイトルであれば。

 

ブログのメインテーマがまだ決まってない…。というかたは先にそっちを決めるほうがいいですよ!

参考 ≫ 【ブログテーマが決まらない】を解決!ネタがつきない決め方【3つ】+オススメテーマ

 

見出しを決める

『見出し』は決めた記事テーマをいくつかの章に分けたものです。

『〜する方法』であればいくつかの方法を挙げればいいわけだし、『〜TOP5』ならランキング順に作ればいいわけです。

あまり難しく考えずに大きなカテゴリーでいくつかに分けてみましょう。

 

ここで注意しておくことは、記事の文字数を増やそうとしてムダな説明や解説なんかは入れない方がいいです。

例えば『サウナで六法全書を読んでみた感想』なら、『なぜサウナなのか』を説明するのは意外性があるのでアリですが『六法全書とはなにか』を説明するのはムダです。

六法全書を知りたければウィキペディアの方がはるかに詳しく教えてくれますからね。

 

ムダな内容の見出しが最初からあると、せっかく来てくれた読者がめんどくさがって離れていってしまう可能性もあるので、できるだけムダのない見出しを作るといいです。

 

まとめる

記事の最後は必ずまとめましょう。いわゆる結論です。

これがないと記事がかなり気持ち悪いものになってしまいます。

 

オチのない漫才
目的地のない旅行
1ピース足りないパズル

みたいなもんです。

 

読者からすると

(°д°)ポカーン…

ですよ。

 

置き去りにされた感じ。

必ずタイトルに合った結論をわかりやすく書きましょう!

 

あ、いきなりまとめの内容を書く必要はありませんよ。

『(記事タイトル)のまとめ』っていう見出しを作っておいてくださいねってことです。

 

SEOやライティングスキルはあとまわし

Google神におうかがいをたてるSEOは、今はまだ考えなくてもいいです。

SEOってなに?というかたはググってみてください。

簡単にいうとGoogleで検索したとき書いた記事が上位に表示されるようにサイトを作り込むことです。

 

ハ??

ですよね。

なので、とりあえず無視でOK。

 

ただ、1つ覚えておいてもらいたいことがあります。

SEOというとGoogleに行う対策だと思われがちですが、本質はそこではなく読者やユーザーのために行うものです。

『どれだけわかりやすく、読みやすく作るか』です。

 

 

具体的な記事構成はコチラ【パクりOK】

えらそうにパクりOKなんて言ってますが、僕もパクってます(笑)

ほとんどのブログは似たような構成なので、たくさんみていると気づくことができますよ。

 

基本は

  • 結論(導入)
  • 本文(見出しと本文)
  • 結論(まとめ)

この流れです。

 

細かくは起承転結とかPREPとか色々あるんですけど、難しいことは置いといてとりあえずこの3つでいきます!

 

導入部分で読者を惹きつける

読者がこの記事って読む価値があるのかな?と判断するのは最初の導入文で決まります。

 

この導入文がすべてとも言えますね。

例えばアフィリエイト記事だと、タイトルを見て記事を読みに来てくれる人には

・購入意欲のある人
・購入するか迷っている人
・なんとなく興味がある人
・なにそれ?オイシイノ?な人

こんな感じで分かれてますよね。

 

アフィリエイト記事なので、読者にはオススメしている商品をポチって(購入して)もらわないといけません。

 

・なんとなく興味がある人
・なにそれ?オイシイノ?な人
この2つの人はポチる可能性はかなり低いので、そういう人に対してのアプローチはこの際しません(上級者はこんな人に対してもナヌ!買わねば!って気持ちにさせてしまいます)。

 

・購入意欲のある人
この人は記事さえ読んでもらえれば購入の可能性がかなり高いのですが、一旦横っちょに置いておきます。

 

・購入するか迷っている人
ココにアプローチをしましょう!
迷っている人は何かしら悩んでいる、あと一歩踏み出せないでいる、そんな人です。

 

迷っている人が『そっか!そうだよね。買おう!』と思うってことは、購入意欲のある人も改めて確信を持ってくれます。

つまり、迷っている人が買う気になる記事=買う意欲のある人は確実に買う記事。ということになります。

 

じゃぁ、そんな気にさせるにはどんな導入文がいいのか?ですよね。

 

吹き出しを使って悩みを明確にする

稼いでるブログによくみられるのが記事冒頭の『吹き出し』です。

この記事でも使ってますね。

 

ブロガーさん
ブログを立ち上げたところまでは終わりました!
これから記事を書いていこうと思うんですが、何をどう書いていけばいいかわかりません…。
具体的な書き方の手順を教えてもらえませんか?
記事の書き方ですね!
わかりました。記事の構成と、具体的な手順やポイントを教えますね。
アンディ

コレです。

 

まず、悩みや疑問を持つ人がその具体的な内容をうちあけます。

その悩みに対して僕が返事をしている。

という構図ですね。

 

リアルに人が会話する感じなので親近感を持ってもらえるのと、具体的な内容にしておくことで悩みや疑問を明確にすることができます。

 

ブログによっては悩みを持った人が投げかけているだけの場合だったり、記事の途中で執筆者がちょいちょい登場して解説したりするパターンもあったり。

 

繰り返すようですが、この吹き出しに書く内容はかなり具体的な悩みや疑問のほうがいいですね。

記事を読んでほしいターゲットを広く浅くするよりも、狭く深くすることです。

 

なぜか。

  • より共感を得やすい
  • より購入してもらいやすい

からです。

 

一言でいうと、『ターゲットに刺さるから』なんですね。

読者が最初に『あ、この記事なら自分の悩みを解決してもらえるかも!』と思えばそのあとの文章も興味を持って読んでくれます。

 

そのためにも悩みはより具体的に書きましょう!

吹き出しの設定は使っているテーマに最初から入っているものもあります。

ほとんどの有料テーマには吹き出しツールがあると思うので使ってみてください。

 

無料のテーマを使っている方はプラグインがあります。

オススメは

  • LIQUID SPEECH BALLOON
  • Word Balloon

このあたりですね。

導入方法や使い方はググればすぐに出てくるので調べてみてください(無責任…)。

 

吹き出しを使って悩みが解決できることを伝えたあとは、記事を読むとわかることを明確にしておきましょう!

 

『この記事を読んでわかること』を伝える

吹き出しに続いて導入文で大切なことは、じゃぁこの記事読んだら何がわかるの?ということですよね。

要するに結論は何か?です。

 

吹き出しの悩みよりももっと具体的にわかる内容を書いておくと、読者は読む価値のある記事だと認識してくれます。

 

この記事でいうと

この記事を最後まで読むと…

・初めて記事を書く方でもどう書いていけばいいのか具体的な方法が分かります

この部分ですね。

最初にこの結論を明確にしておくことで、読者のメリットがわかります。

 

読めば悩みが解決して結論のようになるんだ!ってわかれば、次の文章を読み進めてくれますよね。

最初に結論をもってくる理由はつまり、記事をどんどん読み進めてもらうためなんです。

 

どれだけわかりやすくてためになる内容の記事だったとしても、何が解決されるかわからないまま読み続けたいと思いませんよね?

だから、読者が『読みたい!』と思ってもらうためには最初のインパクトが必要なんです。

 

この結論が書いてある『枠』は自分で作ることもできます。

CSSとHTMLを利用しますが、最初はそこまでこだわらなくてもいいと思うのでプラグインを利用するといいですね。

 

  • AddQuicktag

これ入れておけば困らないかなというくらい有名なプラグインです。

これも使い方を説明しているサイトがたくさんあるので詳しくはググってもらえればすぐに使えるはず(無責任…)。

 

※有料のテーマを使っているかたは相性が悪くてちゃんと表示されないような不具合があるかもしれないので、そのあたりは調べてから使うことをオススメします。

 

導入文が完成したら次はいよいよ本文です。

 

見出しの内容にそって文章を作っていく

最初に見出しを作りましたよね。

ここからはその見出しに合った文章を書いていきます。

 

大見出し(H2)は3〜4つ作っておく

見出しはH2からH6ぐらいまで設定できます。

数字が大きいものほど大きな区切り(章)と思ってもらえたらわかりやすいかなと。

 

僕はあまり細かく分けるのが好きじゃないのと、読者にとってもわかりにくいかなという考えからH2〜H4までしか使いません。

できる限りH4も使わないようにしています。

 

見出しの数は多くても6〜7ぐらいにしておきましょう。

多すぎると読む方も書く方も大変なので、3つとかでも全然大丈夫です!

 

他の記事でも書いてますが、はじめは未完成な記事でも投稿してしまうほうがいいです。

そのためには見出しは少なめにしておきましょう。

参考 ≫ ブログ記事の完成度は6割でいいってどの程度?具体的に教えます!

 

目の前の友人に話すような文章で

文章の書き方についてですが、むずかしい言葉や専門的な言葉を使うのは堅苦しくなるので避けたほうがいいです。

読んでいて意味のわからない言葉がたくさんあると読みたくなくなりますしね。

 

『友人に話すように』とか『小学生や中学生でもわかるように』とかって言われますが、あまりにもくだけた言葉だとそれはそれで読みにくくなるのでほどほどに。

 

なんていろいろと言ってしまうと、じゃぁいったいどんな感じで書いたらいいんだよ!ってなっちゃうので、この際なにも気にせず書いてみましょう(笑)

 

なんじゃそら。

 

まぁ最初はライティングスキルなんて特に考える必要ないです。

記事は書いていけばどんどん慣れていきますし、自然と上達していくので安心してください。

記事を書くのに慣れてきてからスキルを学んでも遅くないので大丈夫。

 

文章が不安な方は、書き終わったあとに声に出して読んでみてください。

音読して自分で聞くことで話し言葉に変換されるんですね。

そうすると文章の違和感が見つけやすくなりますよ!

 

例えや経験談を入れる

記事を書く時に使えるのが、読者が分かりやすい例えを出したりあなたの経験や体験談を入れることです。

 

具体的な例えを出すことで文章の内容を読者に理解してもらいやすくなります。

あーなるほどって感じでスッと理解してもらえるんですね。

 

さらにあなたの経験や体験談を入れることで『そうそう!そうなんだよねー』って共感してもらう。

そうすることで読者とあなたの距離が近くなり親近感を持ってくれるようになります。

親近感を持ってもらうと警戒心がやわらぎます。

 

あなたは過去に、仲のいい友人や家族から『コレめちゃくちゃいいよ!』ってススメられて無条件にヘェ〜コレはいいものかもって思ったことってありません?

それはなぜか。

親しいからですよね。

(まぁ他にも理由はあると思いますが…)

 

読者との距離感はとっても大切。

これからアフィリエイトをするにしても独自の商品を作るにしても、読者から購入してもらうことになります。

そのためにも距離を縮めること。

 

読者との距離感を縮める1つの方法として、例え話や自分の経験を記事に入れていきましょう!

そうすることでポチってもらいやすくなります。

 

まとめの見出し

最初に結論を持ってきて読者の興味を引く。

本文で読者との距離を縮めたり、悩みを解決する情報を具体的に書く。

そのあとはまた結論です。

 

このまとめの結論は冒頭の結論とは違い、記事全体をまとめたものになります。

要点を書き出して改めて理解してもらうためのものですね。

 

ここまで読んでもらえたらあとはあなたがススメる商品をポチってもらうだけです。

 

冒頭で書いた悩みを解決する

最後の結論は総まとめになるので、冒頭で書いた悩みを解決する内容であること+本文の要点をおさえたものが理想的です。

 

最後のまとめさえ読めばそれだけで読者の悩みが解決する

くらいの内容で書くこと。

と僕は思います。

 

このまとめで読者に読んでよかった。と思ってもらうためです。

 

それぞれの見出し(H2)を箇条書きに

ただ箇条書きにするよりも、見出しの要点を一言そえるとさらにいい!

 

つまりこんな感じです↓

  • 見出し①
    →要点の一言
  • 見出し②
    →要点の一言
  • 見出し③
    →要点の一言

こうすることで読者がよりわかりやすくなるし、悩みを端的に解決することになります。

 

見出しが使いにくい言葉なら別の言い回しでも大丈夫です。

要は記事で取り上げたことを大きなカテゴリーに分けて、そのカテゴリーの要点を教える形になればいいだけなのでね。

 

記事ができたらプレビューで確認

プレビューで確認するのはパソコンとスマホの両方で見ましょう!

 

スマホで見て綺麗にできていてもパソコンで見るとおかしなことになってたりします。

コレ結構よくあるので気を付けてください。

例えばスマホで挿入した画像がパソコンで見るとやたらでっかく表示されてるとかね…。

 

あと、最初のうちは記事を書くことに慣れるのが優先なのでまぁそんなに気にしなくてもいいんですが、プレビューで見たときの全体的な見た目を気にしてみてください。

 

実際に読んでみて読みやすいかどうかです。

文字ばかりがびっしりと並んでいるような記事になってると、読者は読みにくいし疲れてしまいます。

 

そんな時は

  • 文字間をあけてみる
  • 画像を挿入してみる
  • リストを使ってみる

など、いろんな工夫ができます。

 

見た目を良くして読みやすくしよう!という記事もあるので、書くことに少し慣れたら参考にしてみてください。

参考 ≫ もっと読みやすい記事にするには?を解決:読みやすくする6つのこと

 

『ブログ初心者がはじめて記事をつくる具体例』のまとめ

今回は初めて記事を書くというかたがどんな流れで記事を書いていけばいいか、そのポイントや書き方を記事にしました。

 

(かなり長くなってしまってごめんなさい(笑))

 

ブログの初期設定が終わってからまず最初にすることは『ブログのメインテーマを決めること』です。

これをまず決めちゃいましょう。

雑記ブログにしても特化ブログにしてもブログの方向性がある程度決まってないと、どんな記事を書いていくのか定まらないですからね。

 

ただ、そのテーマで半年や1年やってみて自分に合ってない…。とかやり方が間違ってた…。って気づいたなら、テーマ修正するのも全然アリなのであまり気負いせずに決めるほうがいいかなーと。

 

いろいろ考えるよりもまず行動です!

 

参考 ≫ 【ブログテーマが決まらない】を解決!ネタがつきない決め方【3つ】+オススメテーマ

 

テーマが決まったら次にやることは記事を書くことですよね。

書くときのポイントです。

  • 記事の作り方の手順
    →①タイトル決め ②見出し作成(まとめ含む) ③見出しに沿って本文を書く

  • SEOは今はムシ
    →①悩みを解決する ②読みやすい を意識する

  • 本文の構成は
    →①導入文(結論) ②メインの文章 ③まとめ(結論)

  • 導入文は吹き出しを使おう
    →悩みや疑問を明確に書く

  • メインの文章で読者との距離を縮める
    →例えや経験談を盛り込む

  • まとめは総括
    →まとめを読めば全て解決する内容にする

  • 記事ができたらプレビューを見る
    →読みやすいかを確認する

こんな感じで作ってみてください。

 

最初は完璧な記事は作れません。

ある程度でいいので記事ができたら公開ボタンをポチる!

どんどん記事書いて公開していきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

-初心者ブロガー向け

© 2020 IKUJI homme